2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 2017年4月 | トップページ | 2017年6月 »

2017年5月の記事

2017年5月25日 (木)

おもてなし!

 昨年に引き続き今年も田植え体験をして食事を・・・

昨年のおもてなし!かずらの会の会員が心をこめて作った山菜料理が大変好評だった

ようで、今年も都会から30人を超えるお客さんを山の駅「いろり家」に迎えました。

天気、気候は良いし、前日からの準備ですょ! 

 S007 S006

 出来上がった! 

 S009 S010

 S012 S011

 残すことなくすべて食べて頂きました。今年も又大好評でしたよ!











バラが咲いた

 ミニバラ咲いたょ!手入れが良かったのか、三色買った、赤、ピンク、黄色のバラ、

一番に咲いたの黄色です。可愛いです。

         S003

 赤、ピンクはまだつぼみです。

2017年5月19日 (金)

那岐山ドウダンツツジ観賞会

 心地よい深緑の季節を迎え、恒例の那岐山ドウダンツツジ観賞会が開催されます。

開催日 6月4日(日) 集合場所は那岐山ふれあい登山と同じ防衛道路入り口付近です。

バスで鳥取智頭の登山道入り口まで移動しドウダンツツジを観賞しながらの登山、奈義

山の駅付近への下山です。  (参加人数は100名の制限あり、事前申し込みの事)

時間、午前7時30分受付開始・・・午後2時30分ごろの解散予定です。

参加費 大人2,000円:小、中学生1,000円  ( お弁当、保険代等)

 心地よい汗をかきにお越しください。

ちなみに、奈義は昨日、今日とも快晴でした。

S017   S018

 
 那岐山のドウダンより一足早くかな?

我が家の紅ドウダン、サラサドウダン、ほとんど時期を同じくして満開です。

 S013 S014

昨年は気温の変化で呆け咲きしたシャクナゲでしたが、今年はドウザンツツジと時期を同じくして咲いています。

 S016

 今年の那岐山のドウダンツツジの開花状況はどんなだろうと気になるところですが・・・・・





2017年5月16日 (火)

綺麗になったょ!

 町より依頼を受けての草刈り、まる一日掛りの草刈りそれでもまだ残った那岐山麓山の

駅周辺、こんなに伸びない内に刈り取ればこれほどしんどくも無いのに・・・

愚痴を言いながらも刈り取った後の清々しさ!

S003

綺麗になったでしょう 。notenote 那岐の山々の緑も深緑と変わりつつあります。

           S001
 
 天空橋で泳いでいたこいのぼりも今年の任務を終え、勢いよく流れていた雪融けの水は

田植えの為に水路を変更されて、渓流広場には殆んど流れていません。

        緑り一杯の山野草公園美しいでしょう!

        木道上のチョウジ草が見ごろですょ!

2017年5月13日 (土)

母の日の贈り物

 一日早く届いた母の日の贈り物、

元気であるようにと、飲む果実のお酢、「水で3~4倍に薄めてお飲み下さい。」

との事、飲むカーネーションのお酢、期間限定のいちご酢です。

 明日から飲んでみようと!…どんな味なんだろう?

 S032

 2人の子供達から毎年の事に、我が家の1人1人の記念日の贈り物、父の日、誕生日、

老の日など、と嬉しいです。

緑ますます濃く そして・・・

 既に5月も半ばですょ!

奈義の緑は勿論の事、那岐連峰の緑も勢いを増しています。

高円のあちこちの水田は田植えが終わったお家もあるんです。

 S013 S011

山の駅の天空橋にこいのぼりが泳いで久しく、気持ちの良いものです。

 S016 S017

山野草公園内、ニリン草、イカリ草、白のヤマシャクは終わり、現在は、チョウジ草、ノハ

ナショウブが現在の見頃です。ヤマシャクヤクのピンクはようやく芽が伸び始めた位、

 S008 S009

そして、先月よりデイサービスに通い始めた母ですが、芽吹きと共にオコタの生活からも

覚めた様子、自分の畑(若い頃から手掛けていた)へセニアカーで通い始めました。

これが又すごいかっこうでの畑通いなんですょ! 

歩けん!歩けん!と言っているくせに、畑まで10分以上かかるのに、時には午前、

午後と・・・これが元気のもとでしょうか?

「行くな!」と言っても畑通い。   私は少し恥ずかしいのです!。                

S012
   














« 2017年4月 | トップページ | 2017年6月 »